オンライン説明会
開催中
お問い合わせ
募集要項 応募フォーム

児童発達支援での給食の工夫

こんにちは!元気キッズグループ総務の宮尾です。

最近は児童発達支援センター 元気キッズ チルズにいることが多く、
しっかり給食をいただいています(笑)

おいしい給食をいただき、ついつい調理職員に話を聞いてしまいます。

この日のメニューは「生姜焼き」。

生姜焼きと春雨サラダ(職員用給食です)

今日もおいしそー♪と思いながら食べていると、調理職員がこそっと

「実はこの生姜焼き、生姜焼きって見えるようにあえてスチコン(スチームコンベクションオーブン※)を使わず、全部フライパンで作っているんです」

※スチームコンベクションオーブン:レストランや給食施設で使われる、複数の料理を同時にかつ大量に調理が可能な調理器具。

と教えてくれました。

生姜焼きを生姜焼きと見えるように、、、?と思っていると続けて

「ここは児童発達支援施設なので給食は色々と工夫してるんです。
 肉は肉として子どもが認識しやすいように、
 肉をあえて肉の感じが出るよう縮むように炒めたり、
 野菜は食べやすいように細かくしたりとか。
 だからスチコンじゃなくて、今日は一生懸命フライパン振りました!」

調理職員の皆さんの陰ながらの努力、、、素敵です!!

たくさんの量の豚肉

子どもたちだけでなく、職員の分も合わせた給食はかなり量になります。
それをフライパンを何度も何度も振って作ってくれた給食。

子どもたちの給食

とってもおいしかったです!ごちそうさまでした。